姿勢について

「姿勢が悪い」というと見た目にも問題がありますが、見た目は表面上の問題でしかないんです。

本当の問題は、悪い姿勢が健康障害の原因になっていることにあります。

一般に姿勢と健康問題は一緒に考えられる事がないんですよね。

姿勢が悪いと相対する人の気分を害したりして注意されます。

また腰痛があって病院へ行ったとしてもレントゲン結果で姿勢が悪いことを指摘されたとしてもどうすれば正しい姿勢になれるかは教えたりしません。

しかし最近ではその姿勢の悪さから健康障害を引き起こすということで、姿勢を正す方法を教える授業を行う大学やセミナーなんかも増えてきつつあるようです。

姿勢の悪さと健康障害といわれてもピンとこない人も多いようですが、簡単に実感する方法があります。

胸を張って深呼吸をしてみてください。

その次に猫背になって下を向いて深呼吸をしてみます。

すると呼吸がしにくくなるはずです。

姿勢の違いで息をするのもしにくくなるのですから、内臓に影響があるんだということがわかっていただけるとおもいます。

悪い姿勢には種類があります。

大きく分けると3つありますので分類してみようと思います。

(猫背…)

悪い姿勢と言えば、真っ先に思い浮かぶのが猫背です。

猫背には2つの種類があり「猫背姿勢」と「くび猫背姿勢」とに分けられます

一見するとあまり変わりませんが、よく見ると背中の丸みの頂点位置が違っていて、頂点の位置が胸よりだと「猫背姿勢」、肩よりだと「くび猫背姿勢」といいます。

この姿勢は体にいろいろな問題が出やすい姿勢でもあります。

一番多いのは首や肩のこり・頭痛です。他に腰痛・胃腸虚弱・むくみ・冷え・手のしびれなど、ひどい場合は脳疾患まで引き起こすとさえ言われています。
また、姿勢が悪いとどれだけカッコいいメンズ服を着てもオシャレになれないというデメリットもありますね。

(腰突き出し姿勢…)

お腹を前に突き出している姿勢です。

お腹を突き出すわけですから、当然、やけにお腹が太ってみえます。

この姿勢は、腰への負担が強い姿勢ですのでぎっくり腰を繰り返したり、慢性的に腰が痛くなったりします。

(胸突き出し姿勢…)

この姿勢は一見正しい姿勢に見えます。

この姿勢をしている人のほとんどは、自分の姿勢が悪い事に気付いていません。

しかし、この姿勢は背中から肩・首にかけて強い負担をかけています。

息苦しさも特徴的な症状です。
見た目は正しい姿勢のようなのですが実は体に良くない姿勢なんです。

これらのように姿勢が悪いのは百害あって一利なしってことでやっぱり直したいものですね。

自宅にインターネット回線を引いてるならふーるがお勧め

最近、有料動画配信サービスのふーるに加入しました。

入った理由としては、家で見れるのはテレビで地上波デジタル放送、パソコンでyoutubeやニコニコ動画を見るぐらいだったんです。

そのためだけにいちいちパソコンをつけるのもな~って思ってた時にふーるっていう動画配信サービスを知りました。

ちょうど自宅のテレビのアプリにふーるが登録されていたので、会員登録してその情報をテレビに入力すればOKという手軽さだったので、ためしに加入してみました。

普通、こういう有料放送を見るためには色々と必要になるんですが、ふーるはインターネット回線があればそれでよく、私は自宅のパソコン用にインターネット回線を引いていたので、ほんと都合がよかったんです。

料金が安いのと月額の定額料金で見放題なのはテレビCMで知ってたんですが、いざラインナップをみると、これがかなりのボリュームでした。

有名どころの映画は結構観たことあったんですが、海外ドラマとか全然手付かず状態だったんです。

海外ドラマもよくテレビCMで流れてましたし、深夜のテレビ放送でみかけることがあったので興味はあったんですが、何せ長編シリーズもので10話やそこらで終わるようなシロモノじゃないので、これをレンタルで観るにはヘビーだ、料金も結構かかるってかんじで敬遠してたわけです。

幸いふーるでは全話配信してくれてましたし、いくらみても料金は定額なので、ここぞとばかり魅まくりました。

平日は仕事が終わってから、休日も予定がない日はずっと見たりって感じで、観放題というのを有効活用させてもらいました。

海外ドラマだけで十分元はとったと感じるぐらい観たとは思うんですが、映画とかも昔のものがあったりしますし、シリーズものの場合全部揃えて配信してくれてるので、これまた見ごたえがあるんですよね。

日本国内のテレビアニメも私の地方では放送されてなかったものとかもあって、名前は知ってても見たことない、こういうのも配信してくれているので、正直どれだけ時間があっても見切れないって感じです。

まだ私は海外ドラマすら見切れていない状態なので、このボリュームのすごさに超満足をしてます。

私のようにいンターネット回線を自宅に引いてる人なら利用手続きもすごく簡単だし、お勧めです。

無駄毛処理がどうしてもうまくできない人はエステに行く事も視野に入れる

無駄毛処理は、自宅でも十分にできます。無駄毛処理しやすい器具を購入して、丁寧にやっていく事によってうまくできます。しかし、どうしてもうまくできなくて、満足がいく無駄毛処理がしたいという人は、エステに行くようにします。

エステでは、無駄毛処理もしてくれますし、それ以外の事もしてくれますので、お勧めになってきます。エステでは、専門の人が専門の機器や器具を利用しての無駄毛処理になってきますので、当然ながらうまくいく可能性が高いです。つまり、あなたが満足できる無駄毛処理ができるようになってきます。

ただ、自分で無駄毛処理するよりも費用の方が高くなってきます。

サービス料金が発生しますので、費用の方を把握してからエステに行くようにします。エステによって、費用は異なってきます。費用を確認するためには、エステのホームページを見たり、直接電話で聞くようにします。

ただ、費用だけを考えるのではなくて、評判が良いエステに行く事も大事になってきます。エステによって、無駄毛処理の技術も違ってきます。評判が良いエステ(参考;小倉 脱毛)ほど、お客さんを満足させている証拠でもありますので、無駄毛処理においてもうまくしてくれる可能性が高いです。

オリジナル運動

私が自分で考えて実践している運動があります。
もしかしたらほかにも同じ運動をすでに紹介している人があるかもしれません。

この運動をすると腹筋・腰の筋肉・足の筋肉に結構な負荷がかかりますので、あまりたくさんはできないと思います。私は10回くらいやる程度です。

やり方は

1.お腹に両手を当てる
2.足を肩幅に広げる
3.息を吸ってからおもいっきり吐き出します。この時におなかを引っ込めるようにおなかの筋肉を意識します。
4.吐き出すのが苦しくなったらそのままおしりを真下におろすイメージで膝を曲げて持ち上げるスクワットをします。踵は上げずしますのであまりおろすと前につんのめりますから限界のところで持ち上げればOKです。上半身はまっすぐのままを意識してください。
5.足が伸びたら息をすいます。

私は背筋が弱っているのがわかっていますので、この運動をすると腰から背中にかけての筋肉を使っているのを実感できます。

この運動をするようになってから、背筋が伸びたように思いますし、お腹がへっこんでウエストが細くなってきましたよ。

朝晩2回のわん曲作り

私も腰痛を患って16年になります。
初めて腰のレントゲン・MRIを撮影したときに言われたのが、腰の骨がまっすぐになりすぎていてそれが腰痛の一番の原因ですってことでした。

腰のS字になっていないといけない部分のわん曲が少ないので、湾曲で吸収すべき衝撃を吸収しきれないから負担がもろに腰に来るのと、本来そっている部分がまっすぐになっていることで元から椎間板に対して後ろ向きの力がかかっているから椎間板ヘルニアになりやすいってことでした。

その時に言われたのがうつ伏せに寝て肘をついて腰をそらせる体勢を毎日しなさいってことでした。

そうすることによって湾曲が癖づくっていうんです。

確かに昔っから体が後ろにそらなかったんです。

後屈をやっても全然そらないし、体力テストで上半身を持ち上げる運動も全然上がらなかったのは昔っから湾曲がなかったんですね。

先日テレビで梅沢富雄さんもやってると言ってました。

腰痛持ちの方は朝晩2回、最初は1分くらいでもきついと思いますが、腰をそらせるようにすると1週間くらいで変化を感じることができるかもしれません。

毎朝1分

姿勢を整えるとともに体幹の大きく動かすことができる運動としてとてもいい運動があるんです。
それはラジオ体操の中に含まれる3つの動きなんです。

まず1つ目は「前後屈」です。

前に3回腰を曲げてから後ろに3秒そらすってやつですね。

まずはこれを2回1セット。

続いて手を腰に当てて左右に曲げる運動です。

これで体幹を前後左右に大きく動かすことができるんです。

この時のポイントはラジオ体操のようにきちんと腰に手を当てることなんです。

腰に手を当てることによってそこを中心にさらに大きく曲げることができるようになるといいます。

その2つの運動で大きく動かしてから3つめの運動、体を大きく回す運動です。

この3つの運動を毎朝するだけで体幹の筋肉をほぐすことができとても体にいいんだそうです。

特に朝起きて体の堅いうちにするのがいいらしいのですが、気を付けないといけないのは体の堅いうちに急激に筋肉を大きく動かすと逆に痛めてしまう可能性もありますので、あわてずゆっくりやることが肝心です。

正しい座り方

姿勢が悪くなる原因のほとんどは座る姿勢にあります。
最近は仕事でパソコンを使うとこも多くなり、特に画面をのぞきこむために猫背になりがちです。

頭の重さは人によって違いますが、だいたい6~8kgの重さがあります

猫背になりますとその重さを首から肩にかけ手に筋肉で支えるようになるので首や肩の凝りにつながるわけです。

パソコンを使う場合は次に示すようにすると疲れ知らずの正しい座り方になります。

【モニター】
□ 体の正面に置く
□ 目線の高さに合わせる
□ 画面の明るさを調整する

【キーボード】
□ ひじが曲がる位置に置く
□ コードの長さを調整する

【いす】
□ 太ももが床と平行になる高さに調整する
□ いすの足が机の下に入るスペースを確保する

オフィス空間
□ 照明を暗くしすぎない
□ 本棚や荷物など邪魔なものを移動する

一般的には座面と背もたれの角に尾椎(尾てい骨)を滑り込ませるようにして骨盤を起こして背もたれを利用して深く座るようにします。

そして、椅子を机に引き寄せ、体が前に倒れないようにします。

気を付けることは座っている時でも立っている時と同じような背骨の弯曲を維持する座り方ということです。

正しい姿勢とは

身体に良い正しい姿勢は、以下の条件を満たす姿勢です。
1.疲れにくいこと。
2.身体に負担がないこと。
3.動きやすいこと。

この身体に良い正しい姿勢は、全ての人に知って欲しい姿勢です。

一般的に良いとされている姿勢は軽くアゴを引き、背筋、膝をキチンと伸ばします。真横から見た場合、耳から肩・股関節・膝・くるぶしを結んだ線が直線で描かれていることが正しい姿勢といわれています。

壁を利用して正しい姿勢のチェックができます。

図のように背中を壁にあてて立ちます。

shisei

この時、後頭部・肩甲骨・仙骨(お尻)・踵、が壁につく状態であり、腰の後ろの隙間に、手が入るくらいが、正しい姿勢の目安になります。

右図を見ると、脊柱は首から腰にかけて「S字」になっているのがわかると思います。腰の後ろの隙間に、拳が楽に入ってしまうのは、「出っ尻の状態」で、腰椎が彎曲しすぎています。

逆に、手が入らないようですと、「猫背」の状態で、腰椎の彎曲が少なすぎることをあらわしています。

数々のカミソリでの自己処理失敗を経て…

中学生の頃から始めたカミソリでの自己処理。腕や脚のムダ毛処理をはじめとし、ワキなどのムダ毛処理も基本的には、すべて、カミソリで行ってきました。カミソリでの処理のメリットは、その安さと手軽さにあります。カミソリの場合、安くて手軽に購入する事ができ、少ない小遣いでも苦労することなく、購入する事ができました。

また、お風呂場で簡単に剃ってしまえば、きれいにムダ毛処理ができるため、初めは、とてもいい方法だと思っていたのですが、それは、大きな勘違いだったのでした。カミソリでの処理を続ける事で、肌は荒れ、痒みを感じる事も多くなってきたのです。その上、無理に毛を剃ろうとする為か、埋没毛も多くなり、見た目も悪くなっていく一方。時には、埋没毛の場所が炎症を起こしてしまう事もあったのでした。

その為、大学生になった頃には、このままではいけないと思い、バイト代を貯め、ケノンを買うことにした私。お蔭で、きれいな肌を手に入れる事ができました。

つい行きたくなる脱毛エステってある?

「芸能人も通う...」と書いてあるエステの広告、なぜか行きたくなるのは私だけ!?銀座の脱毛・エステの見出しで、「芸能人も通う...」というのを見ると、ついつい行きたくなってしまう!!ただのミーハーかと思いきや、詳しく見てみると、アールズサロンに置いてある脱毛機器が結構いいみたい!!美容機器って、そのお店によって違うだろうし、購入時期によっても違うらしいけど高水準とか聞くとやっぱり、いいな~と思ってしまう。←どう高水準なのか説明されても、きっとわからないと思うけど。。(笑)

とにかく脱毛機器も日々、進化しているみたいです!!最新の機器って聞くと、外国のイメージが強いけど、アールズサロンの脱毛機器は、国産の機器みたいです!食品じゃないけど、なんだか国産と聞くと、妙な安心感もあります。根拠の無い安心感というか信頼感というかです。。新しい脱毛機器が必ずしも良いものとは限らないかもしれないけど、 とりあえず、芸能人が通うのだから、いいものなのだろうという安易な発想の私ですが、そんな風に思うのは私だけでしょうか!?

芸能人を全面的に押し出しているわけじゃないけど、キレイモというサロンは結構人気みたいですね。

私の友人も行くって言っていましたし、どんなサロンなのか見てみようと思います。