正しい座り方

姿勢が悪くなる原因のほとんどは座る姿勢にあります。
最近は仕事でパソコンを使うとこも多くなり、特に画面をのぞきこむために猫背になりがちです。

頭の重さは人によって違いますが、だいたい6~8kgの重さがあります

猫背になりますとその重さを首から肩にかけ手に筋肉で支えるようになるので首や肩の凝りにつながるわけです。

パソコンを使う場合は次に示すようにすると疲れ知らずの正しい座り方になります。

【モニター】
□ 体の正面に置く
□ 目線の高さに合わせる
□ 画面の明るさを調整する

【キーボード】
□ ひじが曲がる位置に置く
□ コードの長さを調整する

【いす】
□ 太ももが床と平行になる高さに調整する
□ いすの足が机の下に入るスペースを確保する

オフィス空間
□ 照明を暗くしすぎない
□ 本棚や荷物など邪魔なものを移動する

一般的には座面と背もたれの角に尾椎(尾てい骨)を滑り込ませるようにして骨盤を起こして背もたれを利用して深く座るようにします。

そして、椅子を机に引き寄せ、体が前に倒れないようにします。

気を付けることは座っている時でも立っている時と同じような背骨の弯曲を維持する座り方ということです。

Next Post
Comments are closed.